スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Web】思い出の携帯ストラップを供養(産経新聞)

 携帯ストラップ販売会社「ストラップヤネクスト」(神奈川県小田原市)は、1日の「携帯ストラップの日」にあわせ、使われなくなった携帯ストラップの供養を同市の寺院「徳常院」で行う。「お客さまの思い出の残ったストラップが、そのまま捨てられてしまうのは忍びない」という思いから今年から始める試みで、31日午後3時現在で50本が全国から寄せられている。携帯ストラップの日は、ストラップ用の穴が開けられた携帯電話「ムーバTZ-804」が発売された日にちなんでいる。

  

新婚旅行資金30万奪われる(スポーツ報知)
三田女性殺害事件でおいを窃盗容疑で逮捕、兵庫県警(産経新聞)
小泉被告、あす判決 元次官ら連続殺傷(産経新聞)
<参院選>民主・木俣議員不出馬 愛知選挙区、比例代表も(毎日新聞)
若林氏議員辞職願提出 参院本会議での代理投票問題の責任をとって(産経新聞)

看護管理学会が都内で緊急フォーラム(上)(医療介護CBニュース)

 看護管理者らでつくる日本看護管理学会(鶴田惠子理事長)は3月28日、東京都内で緊急フォーラム「来たれ!看護管理者」を開いた。フォーラムには、全国各地から病院の看護部長や看護師長など約250人が出席。来年度の診療報酬改定と厚生労働省の看護関連検討会の進ちょく状況について、関係者が報告・説明した後、出席者との質疑応答を行った。

■13対1や15対1は急性期から外れる―日看協・斉藤氏

 フォーラムの前半は、「診療報酬改定を読み解く」をテーマに東京医療保健大医療保健学部看護学科長の坂本すが氏、日本看護協会(日看協)常任理事の斉藤訓子氏、慶大看護医療学部准教授の小池智子氏の3人がそれぞれ講演した。

 中央社会保険医療協議会(中医協)で専門委員を務める坂本氏は、昨年秋の政権交代に伴い、日本医師会の執行部が中医協委員から外れたことに関連して、「大変大きな節目を迎えた診療報酬改定だった」と、その意義を強調。また、「急性期看護補助体制加算」や「栄養サポートチーム(NST)加算」などが新設され、来年度改定で勤務医対策の点数が現行の3つから9つに拡大する点については、「チーム(医療)でやっていこうということが、今回の診療報酬改定で見えてきた」と述べた。
 日看協で診療報酬を担当する斉藤氏は、来年度改定のうち看護関連の項目を説明。注目すべき点として、一般病棟入院基本料における14日以内の早期退院への加算の引き上げと、10対1入院基本料に新設する「一般病棟看護必要度評価加算」を挙げ、「これからの急性期が機能分化していくことが読み取れる。13対1や15対1は恐らく急性期から外れてくると考えた方がよい」との認識を示した。

■戦略的な看護管理者が必要―慶大・小池氏

 一方、小池氏は「(診療報酬の)点数ができるのを待って行動する段階ではない。(点数として)必要であれば、診療報酬として評価されるための働き掛けを行うべきだ」と繰り返し主張。その上で、「今の実績はいつか診療報酬として反映、評価される可能性があると認識し、そのデータを看保連(看護系学会等社会保険連合)や最寄りの学会に伝える。戦略的に活動する看護管理者が求められていくと思う」と強調した。

■「急性期看護補助体制加算」新設の意味とは?

 出席者との質疑応答で坂本氏は、来年度改定で引き上げられる「がん診療連携拠点病院加算」の算定要件が「キャンサーボードには、看護師、薬剤師等の医療関係職種が参加していることが望ましい」としている点に触れ、「(キャンサーボードに)ぜひ入ってほしい」と要望。2年後の診療報酬改定に向けたデータ集積の意義を強調した。
 坂本氏はまた、急性期看護補助体制加算について、「『(点数が)付いた。よかった』ではなく、(この加算が)何を指し示しているのか」と問題提起した上で、管理者が看護師と看護補助者の業務をマネジメントする中で、「ある一定のリスクもあるかもしれないが、ものすごく進歩的な方向に進むことをこの加算で考えてほしい」と求めた。


【関連記事】
看護管理学会が都内で緊急フォーラム(下)
診療報酬改定控え、新点数を説明-日看協
呼吸ケアチームの認定看護師、「集中ケア」分野など想定
常勤看護職の離職率が5年ぶりに減少
短時間正職員制度、看護職の認知度4割弱

普天間政府案、首相は月内一本化こだわらず(読売新聞)
強盗容疑で44歳男を逮捕=信金から300万円強奪-福井県警(時事通信)
幹部公務員83人が勧奨退職=政権発足半年で-政府答弁書(時事通信)
来月、「密約」専門家に質疑=谷内前次官も調整-衆院外務委(時事通信)
あえて連携アピール 鳩山首相と小沢氏、がっちり握手(産経新聞)

第1回「言語力検定」1万人受検、36%合格(読売新聞)

 国際社会に通用する言語力の育成を目指し、昨年10、11月に実施された第1回「言語力検定」を全国の98団体9984人が受検、3552人(36%)が合格したことが、26日、主催した「文字・活字文化推進機構」(東京)のまとめでわかった。

 同検定は、文章や図表から情報や論理を正確に読み取り、それを基に自分の意見を論理的に発表できるかなどを、選択式と記述式で測定するもの。初の実施となった今回は、3・4級(中学・高校レベル)のみが実施された。

 まとめによると、3級合格者(正答率76%以上)は2167人、4級(同68%以上76%未満)は1385人だった。正答率は平均63・1%で、項目別では「情報の取り出し」84・5%、「解釈」71・1%、「熟考評価」45・2%だった。

 同機構では、全般的に情報などを読み取る力はあるが、「自分の意見を論理的に表現する力はあと一歩」と分析している。

 同検定の受検は、学校、塾など団体単位。第2回は今年9~10月、5・6級(小学3~6年レベル)も加えて実施される。来年度中に1・2級(社会人・大学生レベル)を実施することも検討中という。

避難誘導マニュアル 市区町村67%未作成(産経新聞)
普天間移設先2案、社民・福島党首が反対表明(読売新聞)
黒澤明記念館の建設、再契約へ=寄付金使い込み問題で市長-佐賀・伊万里(時事通信)
サクラ 花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)
<官房機密費>「適当な年月後に公開」鳩山首相(毎日新聞)
プロフィール

よねむらやすおさん

Author:よねむらやすおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。